資格まとめ情報局速報ヘッドライン

【初学者も】平成28年度司法書士試験Part5【ベテも】〜2chまとめ〜

102:2015/12/02(水) 21:37:44.07 ID:
海野ひながたp227だとはっきりしないなーこれ。

わかるように書いてくれよ!!!!
105:2015/12/02(水) 21:39:19.11 ID:
>>102
条文に分かるように書いてあるから。
106:2015/12/02(水) 21:40:27.74 ID:
講師の本なんかより自分の国語力を信じたらいい。
108:2015/12/02(水) 21:47:34.72 ID:
俺は佐々木派w
109:2015/12/02(水) 21:53:21.26 ID:
一日かけて これかよ!
ほんっとわかるように書いてほしい!

松井ハンドブックしかないな。こうなったら。
114:2015/12/02(水) 22:09:11.33 ID:
ぼくがまちがっていましたw 以下、まとめます。

会計監査人が就任とか、みなし再任(重任の登記をする)とかの話し↓
会計監査人の就任(重任の場合は次に書く)
添付書面
@株主総会議事録
A就任承諾書or会計監査人の記名押印のある監査契約書
B会計監査人が監査法人であるときは、当該法人の登記事項証明書
C会計監査人が監査法人でないときは、公認会計士であることを証する書面
登記事項証明書は、監査法人の存在、(つまり名称、主たる事務所)
就任承諾をした者の代表権限などを確認するためである。
よって代表者事項証明書でも差し支えない。

会計監査人の重任
添付書面
@定時株主総会の議事録
A会計監査人が法人であるときは、当該法人の登記事項証明書
B会計監査人が監査法人でないときは、公認会計士であることを証する書面
※みなし再任(重任の登記)の場合、就任承諾書は添付要らない。
通常、会計監査人の就任承諾があるものとみて、積極的な添付を
要しないとされた。 

松井ハンドブックには、登記事項証明書を添付する理由も
書いてある。
はじめから、就任承諾書は、監査契約書でもいいって書い
てあれば、法人の場合だって契約はあるはずだから、法人
の場合も就任承諾書は要るんだな。そして、みなし再任の
場合は、監査法人の地位の安定のために、就任承諾書は
要らないんだなと すぐにわかったのになー。

とにかく、商業登記法54条2項は、わかるようにかいてほしかった。
今後は、松井ハンドブックで確認していく。

みなさんどうもありがとう。
115:2015/12/02(水) 22:17:55.45 ID:
条文読めないのは辛いな。
119:2015/12/02(水) 22:38:30.38 ID:
条文が読めるなら、
ジュンク堂にある数万冊の法律の本は存在しないはずだ。
そういう発言はやめろよ!
>>115
126:2015/12/02(水) 23:31:34.73 ID:
徹夜とかやめて1日6時間でいいから死ぬほど集中してやったほうがいい
127:2015/12/02(水) 23:46:06.58 ID:
いえてる
131:2015/12/03(木) 00:17:56.01 ID:
行政書士は、宅建を馬鹿にし、
司法書士は、行政書士を馬鹿にし、
弁護士は、司法書士を馬鹿にする。
裁判官は、弁護士を馬鹿にする。

そして、単なる受験生でしかない人間は、馬鹿にもされず無視されるだけ。

世知辛い階層社会の中で、自分より格下のものを見つけて、
自分の存在意義を確かめるわけですな。
148:2015/12/03(木) 01:54:27.34 ID:
うーん。そういうことはやっていない。
まだ、その段階じゃない。
154:2015/12/03(木) 02:08:16.05 ID:
>>148
一応全範囲眺めるぐらいのことはやったんでしょ?だとしたら、十分「その段
階」だよ。

範囲は確かに広いが、実はそこまで遼遠なもんでもない。全くの初学者でも、
2年から3年もあれば十分合格を狙えるところまでいけるはず。知識の外延を知
らずに、闇雲に手を広げてもますます自分で範囲を広げる結果にしかならない。
知識の外延は条文だ。まずは条文をしっかりやること。

メインテキストを一冊決めて、過去問解きながら、一肢々々そのテキストと判
例六法の両方の該当部分に線を引いてみなよ。テキスト読み返す時には、その
部分を意識して読む。できれば、既出部分から今後出てもおかしくないと推測
される部分も意識する。はじめは丸暗記しないで、意識するだけでいい。その
過程で重要な知識は暗記するまでもなく常識化するから。

その作業を繰り返せば、直前期には六法を使って高速で知識を総ざらいできる
ようになる。
156:2015/12/03(木) 02:44:24.24 ID:
手を広げすぎって指摘が多いけど、
1冊でわかるなら買ってないw
167:2015/12/03(木) 09:06:11.21 ID:
>>156
決めた一冊と条文で分からなかったら、とりあえず保留して「そういうもんか」
でいい。次に進め。その制度だけ見ててもわからなかったものが、他の制度と
の関連でわかることもある。

>>159
時間かかるのは最初の一周目だけ。しかも、ほとんど条文知識と重要判例でカ
タがつくのではないか(登記法等除く)?作業の過程でテキストや条文を「問
題を解く」という視点から読み直すわけで、それなりに効果あると思いますよ。
それぞれ別個にやるだけでは、知識がバラけて頭の中で統一されないと思う。
157:2015/12/03(木) 03:03:42.51 ID:
どもありがとう。
最後はそういう感じでやるということを覚えておきます。
159:2015/12/03(木) 05:55:09.84 ID:
勉強方法については
テキスト読んで過去問やって条文を読んで
分からない箇所はまたテキストに戻って読むっていうけど
オレの経験上だとコレはとにかく負荷がかかりすぎる
時間もめちゃくちゃかかる
オレには出来ない
テキストならテキストだけ、過去問なら過去問だけ、条文なら条文だけ
それだけで1−2ページ読むだけで4時間とか5時間はフツーにかかるんだお
条文なら数行読むだけで3,4時間なんてあっという間に掛かる
目も精神上も疲れて席を立つ
160:2015/12/03(木) 06:31:49.07 ID:
テキスト読むだけで1年かかるし
過去問やるだけで1年かかるし
条文読むだけで1年以上かかる
これが現実
再び最初に戻って読み直す時には何も覚えていない
161:2015/12/03(木) 07:24:43.75 ID:
法人も就任承諾書を提出するって、普通の人なら1冊でわかるけどな。
ひな形みただけでわかる。

例えるなら、

道路交通法を一生懸命読んでるくせに理解できず、

見通しの悪い交差点に一時停止も徐行もせず突っ込んで事故を起こすバカ。
169:2015/12/03(木) 09:13:10.16 ID:
テキスト+条文
過去問+条文
を別々に廻すのがいいよ
テキストと過去問は条文が結びつける
いわゆるかすがい現象だな
本試験のとき咄嗟に思い出すことができるのは条文だし
172:2015/12/03(木) 10:50:36.78 ID:
法人法を無意味に素読
175:2015/12/03(木) 11:28:18.06 ID:
>>172
会社法の復習確認にもなるし1度は必要だよ
179:2015/12/03(木) 12:01:24.45 ID:
条文読んでると
何も条文読んでる時だけでもねーんだけど
勉強中は常にチンポをいじってるお
187:2015/12/03(木) 14:11:50.53 ID:
よっしゃー。やるか。

プロ必携司法書士受験生必携
改正商業登記早稲田経営出版2200円
を読み終わったら、

会社法商業登記
理論・実務と書式
日本司法書士連合会 2500円 

これに入る。200頁しかない薄い本だ。
だいたい3日で読み終わる。 
189:2015/12/03(木) 14:27:29.48 ID:
>>187
やけに張り切ってるな
愉快に楽しくやろうぜ
元スレ:


posted by シガレット at | Comment(0) | 司法書士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ダイエット食品のクチコミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。