資格まとめ情報局速報ヘッドライン

委任型募集人 〜2chまとめ〜

1:2014/02/21(金) 19:33:33.95 ID:
全国の委任型募集人の皆さん、そして委任型募集人を抱えてる代理店主の皆さん、これからどうしましょう??
4:2014/02/21(金) 22:39:42.69 ID:
保険販売員の制限導入、前向きに受け止め 会見で生保協会長
産経新聞 2月21日(金)17時27分配信
 生命保険協会の佐藤義雄会長(住友生命保険社長)は21日会見し、保険販売代理店が雇用関係のない人に保険の販売を再委託することを禁止する規制強化策が導入されたことに対し、
「業界として適切な募集態勢の構築が図られる」と前向きな姿勢を示した。

 代理店の雇用コストが増えて保険ショップの販売力が一時的に落ちる懸念もあるが「全体として大きな影響はない」との見方を示した。

 東京海上日動火災保険が自動車保険金の一部を支払っていなかった問題には「支払いは生保、損保問わず根幹業務」と話し、
生保業界については「過去の事例に強い反省の念を持った上で適切な態勢を整備しており、もう皆様に心配をかけるようなことはないと思う」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000591-san-bus_all
8:2014/02/24(月) 12:28:09.36 ID:
今のとこに雇用してもらえなかったとしたら、個人代理店に戻るかM&Aなんだろうな・・・orz
11:2014/02/25(火) 00:17:21.21 ID:
保険会社
↓   ↓
核   子

という委託関係になるが、
手数料は、


保険会社

核代理店

子代理店

という流れが検討されている。

なんだかなぁ。
13:2014/02/25(火) 09:15:10.20 ID:
>>11
それって、老害委託がやらかしても、代理店におとがめなしで行けるんじゃね?
29:2014/02/25(火) 23:45:58.25 ID:
大手複数社代理店の委任型募集人が個人代理店に戻るとき、
どこの保険会社の代理店になるのか・・・・
盲点だな。
自分を保険会社に売り込んだり、保険会社から引っ張りがあったり、
いろいろ起こるな。

とにかくすごい変動があるぞ。
それもこれも、馬鹿損保各社が、数字数字で新設代理店を作りまくったからだ。
ざまあみろ。
36:2014/02/26(水) 09:35:37.61 ID:
まあ高齢者募集人はそうなると思うけど、
意外と若手で収保3000位の人も委託で入っていたりするから。
37:2014/02/26(水) 11:40:41.53 ID:
なんかよくわかんないで書くけど上で書かれてるような
3者間スキームって今までよりグレーな感じだな

顧客目線で見たら
A 親代理店
B 子代理店(今の委託型募集人)
としてBから加入していた場合

今まで担当代理店はAだったけど今度からはBになり
契約内容や個人情報はAにも伝わることを同意するんだろ?
39:2014/02/26(水) 12:53:49.63 ID:
>>37
だろうね。俺も知らないで書いてるが、三者間スキームでは
子は質問や照会を保険会社に直でできない委託契約になるだろうから
親代理店にやってもらうことになる。親代理店は子の顧客情報、
契約内容などを見られる状態なるだろう。となると、別組織だから
顧客情報の開示の確認は必要になるね。
44:2014/02/28(金) 08:08:41.68 ID:
三者間スキーム契約をすれば、個人代理店として募集行為が出来ると金融庁の通達文書に書かれている。
当然!保険会社が三者間スキーム契約をしてまで委託型募集人と代理店委託する必要条件に一社専属代理店のみとなる。
したがって現在のポチ代理店は、三者間スキームによって委託型募集人を三者間契約による系列子代理店として傘下にする事になる。
代理店手数料は、スキーム契約による維持管理手数料・指導・教育手数料などが引かれてから子代理店に支払われる。
したがって委託型募集人の名称が管理型代理店(仮)になるだけです。
53:2014/02/28(金) 19:32:41.28 ID:
今回の不払いは、一代理店の責任ではありませんよね?
本社が支払う、支払わない線引きを決定したものであって当時に一代理店の力でできる問題ではなかった。

しかしながら10年近く不払いを隠してもバレタ時点で支払えばOKというのはおかしいです。
当時不払い件数が多くて営業停止になった会社もあります。
10万件以上の不払いを隠す・放置を長期間続けて営業停止にならないのは会社の力だと思います。
さすが東京海上です。金融庁に対する底力・実力が他社とは段違いに違います。
56:2014/02/28(金) 20:23:51.53 ID:
確かにお客様に対する対応力・謝罪するべき時に素直に謝罪する判断力がなかった事は報道でわかります。
その辺りは代理店に任せているのですね。お客様との最前線は大変だと思います。
然し、金融庁に対する対応力・交渉力は抜群に上手い事も事実です。
71:2014/03/02(日) 10:10:14.45 ID:
代理店として抗議したって役人は聞く耳は持たないよ

顧客の立場で
「子代理店と契約したら親代理店に個人情報を
流すことの同意を迫られた」という苦情を出せばいい
78:2014/03/02(日) 15:56:00.86 ID:
名称が委託型募集人から三者間スキーム委託代理店に変わるだけです。
保険会社から直接の監督・指導・教育を受けていない代理店と契約する
消費者のデメリットが存在するだけです。

現在の委託型募集人のデメリットはたった一人の募集人の違法行為・違反行為が
所属するすべての募集人の問題(営業停止など)だったというデメリットが
三者間スキームによって全ての子代理店に普及しないように出来る可能性があります。
使用人ではなく代理店主になってメリットばかりですよ。
LLP(有限責任事業組合)の傘下組合員みたいなものですよ。
税金は別個に払う個人事業主の集合体なのに大きな一つの組合として活動出来る。

事務コストは、ピンハネ手数料として存在します。
あくまでも教育・指導・監督を親代理店が保険会社に代わって引き受ける契約になれば
病気・旅行では別法人(別個人事業主)の代わりの募集行為は出来ないと思います。
逆に現在は、同一法人の募集人だから代わりの人間が契約しても大丈夫です。
まあ、いざとなれば誰かにお願いしてその人を幹事の代理店分担契約にすれば良いだけでしょう?
80:2014/03/02(日) 17:26:21.55 ID:
現実的に再委託と全く同じ事を言葉の解釈と三者間スキームという言い逃れでする事が問題です。
金融庁の解釈ですべき問題ではなく法律を改正して三者間スキームを合法化すべきです。

代理店は、保険会社が直接監督・指導・教育すべきである。
だから再委託は禁止している。一公務員・一省庁の判断・見解で勝手に判断をコロコロ変える事が出来るものを法律とは呼ばない。
消費者にデメリットがないのであれば三者間スキーム法を制定すべきである。
違法行為に対して反対する事は大きな理由である。
違法行為でないと考える人は反対する必要はない。

現実的に委託型募集人のやること子代理店のやることに違いがあるのですか?
委託型募集人を抱える代理店と親代理店のやる事に違いはあるのですか
名前を変えて違法な事を誤魔化すスキーム契約に反対する事には十分異議があります。
92:2014/03/02(日) 20:34:28.90 ID:
会社主導の合併を断り続けていた私は、ピンで約3000万円規模の代理店を営んでいます。

三者間スキームが認められるのなら、どこかの大型代理店の子代理店として登録すればポイントアップで手数料ウマーってことですね。

こんなことがまかり通るなら、世の中全ての代理店が最高手数料ポイントになるよねwww
94:2014/03/02(日) 21:13:31.03 ID:
>>92
そうなんだよね
おれは乗合だからひとりなんだがこういうスキームは
ずるいとしか思えない

逆に言うとなんで反対活動しようとする人がいるのか
理解に苦しむ
96:2014/03/02(日) 22:26:44.58 ID:
今までと何が違うのか?
100:2014/03/04(火) 00:32:56.72 ID:
えらく簡単なように聞こえるが、簡単なのか。
一社、それ以外は親代理店に持っていかれるというのは俺は困るな。
2社で半々ぐらいでやって来たのを吸い上げられちまうのかよ。かなりデカイんだが。
102:2014/03/04(火) 07:55:49.76 ID:
>>100
損保社の場合、代申会社に乗合させてもらうよう交渉するしかないですね。
乗合が無理なら全ての契約を更改するまでの間、親代理店に交渉して手数料バックしてもらうしかないですね。
生活出来なくなっちゃいますもんね。厳しいな。
103:2014/03/04(火) 08:45:19.89 ID:
>>102
さすがに子代理店を複数社扱いからいきなり専属にはできないだろう。
顧客はその代理店とその保険会社商品を気に入ってるから入ってるので、
顧客無視もはなはだしい。


posted by シガレット at | Comment(0) | 保険業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ダイエット食品のクチコミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。