資格まとめ情報局速報ヘッドライン

刑法の勉強法46 〜2chまとめ〜

1:2014/05/05(月) 18:30:17.56 ID:
9:2014/05/06(火) 09:11:01.01 ID:
実行行為が存在するも、それとは無関係に存在した介在事情が結果発生に
決定的に左右するものであれば、実行行為と介在事情が相まって結果が
発生したとはいえず、因果関係は否定される。


「相まって」は、因果関係を否定する場合、又は、実行行為の危険性が
小さい場合などに使用される傾向にある。これに対して、「相まって」を
使用しないのは、実行行為の危険性が大きい場合(大阪南港事件等)である。


実行行為により結果発生の原因が形成された以上、たとえ介在事情により
結果発生の時期が多少早められたとしても、因果関係は否定されない。
89:2014/05/06(火) 20:52:42.18 ID:
そもそも、>>9の引用元が分からないので、前田説かどうかも不明。
論理がすり替えられているだけだろう。全部憶測のレスなんだから。
引用なしで書きこむなら、書き込むなって話だ。
97:2014/05/06(火) 21:39:13.00 ID:
>>89
お前が一番、害悪なんだよwwww
96:2014/05/06(火) 21:32:50.61 ID:
引用が出せないならば、書き込むな。>>9は狂っているだけ。
脳神経科を受診すべき。
14:2014/05/06(火) 15:52:19.97 ID:
じゃあそう書けよ。
18:2014/05/06(火) 19:29:50.82 ID:
>>14
お前がバカなだけだろ

馬鹿だから、
理解できない。
誤解する。

頭がいい人は、これはこういうことだろう、ひょっとして山口かな
と理解する。
51:2014/05/06(火) 20:11:10.67 ID:
引用元がないと、何か言うのも全部憶測になる。
憶測レスなのに、それに対して批判しているところを見ると
ちょっと頭がおかしい人としか言えないよね
54:2014/05/06(火) 20:14:31.67 ID:
論理的に考えるとかそんな時間は無駄です。
本当に受験生ですか?研究者じゃないんですか?ホント性格悪いですね
121:2014/05/06(火) 23:42:46.24 ID:
902 :氏名黙秘:2014/04/29(火) 21:14:44.43 ID:???
>>898
二段階構造と言っていいかどうかは分からない。大谷はそういう言い方はしない。

ただ、たとえば犯行計画の現実的危険性への影響を違法性判断で行なっている。
それは違法性の「程度」を決する場面なんだよね。

危険に影響する事情を構成要件と違法性で分けてるわけで、
危険性との関係では、類型的危険性の判断で実行の着手を論じ、
実質的危険性の判断で違法性の大小を論じると。大谷を読むと
そう書いてあるよね。
122:2014/05/06(火) 23:44:23.20 ID:
大谷刑法擁護者が、いきなり実質的危険性とかいう言葉を使い始めているからな。
早く実質的危険性という言葉をこの意味で使っている人間の基本書・論文を
引用してみろ。学説名にあるとかいう抗弁は使えないよねw
135:2014/05/06(火) 23:53:20.26 ID:
とにかく実質的危険性という「言葉」はあるってことは判明した。
147:2014/05/07(水) 00:02:27.37 ID:
研究者でないのならば、そんなこと認定されようがされまいがどうでもいいだろwww
151:2014/05/07(水) 00:06:55.98 ID:
せんせー実質的危険性と実質的危険は別概念ですか?
172:2014/05/07(水) 00:29:41.07 ID:
>>631を引用する。

未遂犯「現実的危険性」の判断資料について、
平成元年の大谷第二版338頁より

「問題は、故意または過失以外の主観的要素を考慮すべきかであるが、
行為者の犯罪計画および性格の危険性が
右の現実的危険性に影響を与えることは否定できないにしても、
実行の着手に当たるかどうかは
修正された構成要件に該当するかの類型判断であるから、
実質的判断の対象となる事実は違法性ないし責任の程度を確定する段階で
考慮すれば足りると解する。
それゆえ、故意または過失のみを考慮すべきであるとする(ii)説が妥当である。」
176:2014/05/07(水) 00:34:20.95 ID:
>>172
なるほどね。了解した。
大谷説は俺の自説ではないが、1つの立場でしょうね。
200:2014/05/07(水) 01:27:45.26 ID:
明確になったこと
・「実質的危険性」というタームはあった。
・大谷擁護を批判する粘着は、複数人に対して、同一人物だと思い込んで「研究者呼ばわりした」ということ。
220:2014/05/07(水) 08:00:11.01 ID:
お前は「実質的危険性」などという言葉は何処にもない、
と大見栄切ったんだぞ。
どこにも存在しないとなw

有るか無いか、だけが論点だw
結論は「有る」だ!


有ったら有ったで、
今度は「それは文脈が違う」「意味が違う」と言い訳する醜さw
アホかよw
222:2014/05/07(水) 08:03:41.35 ID:
ほんとに論争したいなら
「研究者君」とか余計な文言は不要だ。

2ちゃんで吠えてないで、実名を出して大谷批判やってみろ!

ここは勉強法スレだ。部外者はお前だろw
何度も言っているが、俺達は受験生だ。
俺達と複数表現になるのは、複数いることが確認できるからだ。

お前は、そのすべてに、同一人物認定をして研究者君だと言っている。
223:2014/05/07(水) 08:04:48.13 ID:
では
「あるかないか」→ある
を結論として
「あるとしても意味があるタームか?」を次の論点としましょう。
229:2014/05/07(水) 08:45:55.40 ID:
元ヴェテ=研究者君=大谷擁護者君
という理解でOK?


posted by シガレット at | Comment(0) | 司法試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ダイエット食品のクチコミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。